FC2ブログ
BCP
板橋区建設関連協会は、
10月30日(水)区立グリーンホールにて、
東京都中小企業振興公社の協力で、
講師にニュートンコンサルティングのコンサルタントを迎え、
14社の会員企業が参加しBCP(事業継続計画)研修を開催した。
BCP(事業継続計画)とは、大型台風や直下型地震で被災した時に、
重要な資産(特に人命)を守り、事業を継続するために、
必要な計画をし有事の際に企業の事業継続能力を向上させることである。

この度の研修は、風水害編で大型台風が東京を直撃を想定し、
ワークショップ形式で、分析を行い、計画から運用の仕組みを構築した。
参加者は熱心に講義に耳を傾けながら、事業継続計画書の作成をした。

IMG_5967.jpg
【2019/10/31 14:29】 | 社長の建築コラム | page top↑
東京都木造住宅耐震診断事務所登録が完了しました
耐震診断事務所登録証
東京都木造住宅耐震診断事務所登録をしました。
耐震診断と耐震工事のご相談は、
当社にご相談ください。
【2019/10/14 22:13】 | HOME トップページ | page top↑
三鷹天命反転住宅
カナリムカシこのコラムで書いたことがある、
三鷹天命反転住宅の見学会に参加した。
荒川修作とマドリン・ギンズ夫妻による超未来住宅で、
人間の精神を鍛え強靱な身体を造り住む住宅だそう。
CASAには、「死なないための住宅」とある。
平らなところが殆ど無い住宅である。
見学中に色々なことを考えた。
人が生活している24時間のうち最低1/3は、
睡眠をとるのだが、一部屋だけ平らな部屋があり、
そこで睡眠を取るのだろうか?
それとも凸凹のあるリビングダイニングで寝るのだろうか?
睡眠をとる場所が人生で一番重要な場所だと思うので、
そんな疑問がわいた。
1階に事務所があり、そこには、この意匠で高層にしたパースが置いてあった。
それを見たときに思ったのは、
黒川紀章等のメタボリズム運動による意匠に共通するものがあると思った。
特に黒川紀章の中銀カプセルマンション・・・
また、16色の塗料で色彩豊かにするだけではなくて、
住環境に欠かせない木材を使用しなかったのは何故か?等々・・・
筆者は絶対に住めない住宅だと思うが、
考え方は非常に面白く今後の参考になると思う。
ADS_0608.jpg
ADS_0508.jpg
ADS_0506_1.jpg
ADS_0515.jpg
ADS_0544.jpg
ADS_0535.jpg
ADS_0534.jpg
ADS_0532.jpg
ADS_0562.jpg
ADS_0566.jpg
ADS_0571.jpg
ADS_0572.jpg
ADS_0580.jpg
ADS_0585.jpg
ADS_0590.jpg
ADS_0594.jpg
ADS_0599.jpg
【2019/10/09 17:53】 | 社長の建築コラム | page top↑
The Beatles Abby Road 50周年リマスター盤を買った
PA040046.jpg
CD3枚とブルーレイ1枚組
CDは以前のものと比較すると音の分離と音場が広くなった。
そして、今まで聞こえなかった細かい音がかなり聞こえてくる。
しかし、オリジナルUKアナログ盤と比較すると全く低音が出ていない。

PA040047.jpg
アナログ盤は、3枚組でリリースされた。
CDと同じく細かい音がよく聞こえるし音の分離も良い。
しかし、やはりオリジナルUKアナログ盤と比較すると、
あのズ太い芯が通っているベースやバスタム、バスドラのあくどい低音は再現されなかった。
いつもリマスター盤を聴いて思うことは同じ!
UKオリジナル盤は凄い音がする。ということ。
でもロックが大好きなオジさんは、リマスター盤が出るたびに買ってしまう!!
【2019/10/05 00:56】 | ロックとオーディオ | page top↑
9月29日(日)ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)を観に行った
BDS_0711.jpg
BDS_0709.jpg
BDS_0715.jpg
BDS_0732.jpg
BDS_0727.jpg
BDS_0749.jpg
BDS_0753.jpg
BDS_0762.jpg
BDS_0769.jpg
BDS_0770.jpg
BDS_0782.jpg
BDS_0791.jpg
BDS_0806.jpg
BDS_0809.jpg
BDS_0841.jpg
BDS_0864.jpg
BDS_0893.jpg
BDS_0904.jpg
BDS_0943.jpg
BDS_0948.jpg

9月29日(日)ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)を観に行った。
フランクロイド・ライトが日本滞在中に設計した山邑家の別荘である。
特徴としては、大谷石の多用とシンメトリーなデザインか。
自然の地形を活かして自然と溶け込む建築というのが、
ライトの目指す建築だったのでその狙いは達成されているだろう。
外観の写真を撮るためには、地元の地形を知らないと坂道がきつくて大変である。
残念ながら全体の外観写真を撮るに至らなかった。
また、あとで撮ってない箇所が多々あることもあり、
近々再訪したいと思う。
【2019/10/03 23:42】 | 社長の建築コラム | page top↑
| ホーム | 次ページ