鹿沼工務店流 家づくりシミュレーション ◆オール電化住宅ができるまで Part.6◆
鹿沼工務店流 家づくりシミュレーション
◆オール電化住宅ができるまで Part.6◆

今回は「外装工事・・・② 外断熱」です。

今回は外断熱を取り上げてみたいと思います。
ちょっと前までテレビのコマーシャルでお笑いタレントのラサール石井さんが
「うちって外断熱だっけ?」と自宅に電話しているのを見たことありませんか?

家を建てる場合、断熱材を使います。この断熱材を柱と柱の間に入れるのを
内断熱(充填断熱)といいます。これに対して柱の外側から断熱材を貼るのが
外断熱(外張り断熱)工法です。つまり建物の外側から断熱材を張っていく工法です。
ALL1.jpgALL2.jpg

建物全体を断熱気密で覆い、構造体ごと外界から隔離します。このことにより、
室内を一定環境に保つことができる上に、構造体も一定環境下に置くことができます。

壁空洞ができることにより、壁体内の結露が発生しにくく、構造体の耐久性が高くなります。
ただし、気密性が高くなるので、計画的な換気が必要になります。
ここで、外断熱のメリット・デメリットを挙げてみます。

◎メリット
・構造体で断熱が途切れないため、熱橋が非常に少ない。
・気密が取りやすい。
・結露の恐れがない。
・断熱性が高いので、冷暖房費があまりかからない。
・建物の構造体を外部から隔離するため、建物の耐久性がupする。

■デメリット
・建物の外部を断熱するため、コストがかかる。
・外装材に制約がある。
・壁厚が増える。
・気密が高くなるため、機械による計画的な換気が必要になる。

イニシャルコストが少しかかりますが、
空調費などのランニングコストは節減できる外断熱。
そして、建物が長持ちすることにより、
住んでいる人にも地球にも優しい建物になるのではないでしょうか?
□確かな信頼と実績 株式会社 鹿沼工務店

住宅 マンションなど住まいのリフォーム/リホームは何でもお任せ下さい。
注文住宅 増築 改築 キッチン トイレ 外壁 塀 門 タイル ユニットバス風呂ほか
ご質問 見積もり 価格 単価 相場など何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
耐震 介護 バリアフリー 防音 オール電化も承ります。

東京 板橋区から 関東一円 迅速丁寧な対応を心掛けております。

株式会社 鹿沼工務店  
会社TEL:03-3972-3617 / FAX:03-3530-1989
E-MAIL info@kanumakoumuten.co.jp


HOME Design Build KANUMA リフォーム 増改築 From 東京都 板橋区
【2008/09/29 18:35】 | 住宅ができるまで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鹿沼工務店流 家づくりシミュレーション ◆オール電化住宅ができるまで Part.5◆
鹿沼工務店流 家づくりシミュレーション
◆オール電化住宅ができるまで Part.5◆

今回は「外装工事・・・①」です。

外装工事って何だろう?と思われる方も多いのではないでしょうか?
外装とは、主に屋根、外壁、窓、などを言います。

骨だけだった家に服を着せていくとお考えいただければ
わかりやすいのではないのでしょうか?

屋根材や外壁の種類や色でイメージが全く変わります。
雨、風、暑さ、寒さ、騒音から家と
暮らしを守ってくれる屋根や外壁がどのように施工されるか、
2回にわたってご紹介いたします。

◆◆屋根工事◆◆
まずは屋根の下地を造ります。
梁の上に束を立て、その上に母屋を渡します。
母屋と直角方向に垂木を乗せ、
その上に屋根の下地となる野地板を張ります。
図1
屋根の大きな役割は、防水と断熱です。
野地板が張られたら、その上にアスファルトルーフィングを敷きます。
屋根の防水機能を高めるためのものです。
雨漏りをしないように下から上へと張っていきます。
下地ができたらいよいよ屋根葺きです。
ここでは一般的に使われている屋根の種類をご紹介します。

①瓦葺き 
図2
・日本の伝統的な屋根。
・セメント瓦と粘土瓦がある。
・耐久性、断熱性に非常に優れている。
・コストが外の材料より高くなる。
・重量があるため、地震対策として家屋の柱を太くしたり
 筋交いを多くする必要がある。
・勾配の緩急に対応できない欠点がある。

②平型彩色スレート葺き(カラーベスト等)
図3
・現在最も多く施工されている屋根材
・瓦葺きより安価で耐久性も問題ありません。
・軽量なので地震対策に有効です。
・薄い形状で加工が簡単。
・汚れが目立ちやすい。

③金属板屋根葺き
図4
・防水性に優れ、非常に軽量
・どのような屋根の形状にも対応しやすい。
・軽量なので地震対策には大変有効です。
・施工性に優れ、様々な形や勾配に適用可能。
・欠点として、色によっては汚れが目立ちやすい。
・他の素材より防音性、断熱性が劣る。
 
◆◆外壁工事◆◆
外壁仕上げの方法として、吹き付け塗装、サイディングボード張り、タイル張り、
金属板張り、板張りなどの工法があります。
外壁の仕上げ方法によって、家のイメージが全く変わってきます。
外壁の求められる機能として、
①建物内への雨水の浸入の防止
②日射・強風から家を守る
③火事の延焼から建物を守る ・・・とほぼ屋根同様です。

外壁下地材として使用される物は、構造用合板、建物に水の進入を防ぐアスファルト
フェルトや透湿防水シート、塗り壁の下地のモルタルの付着をよくするラス網、などと
色々とあります。
構造用合板は、耐震性や防火性を高めた物が出来てきています。
骨組みで補強をして、壁でも補強をすることによって、
地震から建物の倒壊を防ぎます。
図5
外壁の通気も大切です。
透湿防水シートの使用により、壁体内の湿気を排出し、断
熱住宅の結露防止に大きな効果があります。
図6
外壁の通気工法として、「乾式工法」と「湿式工法」があります。
図7←クリックすると大きくなります。

台風などにより壁体内に浸み込んだ雨水は、
通気層を流れる気流に乗せて乾燥させます。
また、透湿防水シートは二次防水の役割を果たします。

通気工法の構造は、柱の外面に構造用合板を張り、
その上に透湿防水シート、通気用胴縁を取り付けて
空気層を設けた上に外壁仕上げを施す工法です。

表に見える壁だけでなく、壁の内部も建物のため、
住む人のための施工がなされています。
 
さて次回は「外装工事・・・②」です。お楽しみに・・・


※関連キーワード
野地板
垂木
母屋(もや)
棟木
乾式工法湿式工法

構造合板
透湿防水シート
通気層
内壁

通気層
構造用合板
透湿防水シート

□確かな信頼と実績 株式会社 鹿沼工務店

住宅 マンションなど住まいのリフォーム/リホームは何でもお任せ下さい。
注文住宅 増築 改築 キッチン トイレ 外壁 塀 門 タイル ユニットバス風呂ほか
ご質問 見積もり 価格 単価 相場など何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
耐震 介護 バリアフリー 防音 オール電化も承ります。

東京 板橋区から 関東一円 迅速丁寧な対応を心掛けております。

株式会社 鹿沼工務店  
会社TEL:03-3972-3617 / FAX:03-3530-1989
E-MAIL info@kanumakoumuten.co.jp

HOME Design Build KANUMA リフォーム 増改築 From 東京都 板橋区
【2008/08/25 18:57】 | 住宅ができるまで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鹿沼工務店流 家づくりシミュレーション ◆オール電化住宅ができるまで Part.4◆
鹿沼工務店流 家づくりシミュレーション ◆オール電化住宅ができるまで Part.4◆

今回は「躯体工事」です。
基礎工事がおわり、いよいよ躯体工事です。
躯体工事は木工事ともいいます。いわゆる家の骨組み部分です。
だんだんと家の形が見えてきます。
基礎と躯体は家を支える大切な部分です。家の構造部分になる為、
地震などで家が倒れるのを防ぐ耐震補強や免震などもこの工事でしていきます。
屋根や壁が出来てしまうと、なかなか見ることができない構造部分です。
どのような工事が行われるか、ぜひ参考にしてみてください。

主な工事の順序として・・・

①土台付け
土台とは、基礎の上に敷く木材のことです。
アンカーボルトでしっかりと固定します。
湿気に強い材料を使用し、柱と同じか、それ以上の寸法の物を使用します。

②柱建て
屋根や床の荷重を支え基礎に伝える役目をする柱。
柱材は硬く変形しにくいものが選ばれます。
構造的に最も大事な部材です。

③横架材工事
建物の水平方向に使われている構造材。
梁や桁などがそうです。
柱どおしをつなぎ、水平方向の力に抵抗することと、
床や屋根を支える役目をします。

④床組
1階の床組は、束石、床束、大引、根太、床板の順に組
み上げられます。最近では、樹脂製や金属製の床束も作られています。
2階の床組は、梁、根太、床板の順で組み上げます。

⑤小屋組
屋根を形成する骨組みです。
屋根の荷重を柱や梁に伝える役目をもっています。
天井で隠れてしまいます。

以上の順番で工事が進みます。
建物の最上部部材が上がったら、このあといよいよ上棟式です。
在来軸工法部材名称

■在来軸工法における各部材の名称
・土台
・筋交い
・通し柱
・胴差し
・管柱(くだばしら)
・大引
・根太
・床梁
・軒桁
・小屋梁
・小屋筋交い

■接合金物
梁と梁、梁と柱などをつなぐ部分を接合部といいます。
接合金物は、部材どおしをつなぐ部品です。
昔は釘や金物を一切使用しないで家を建てていたようです。
いわゆる「宮大工」さんの技術だそうです。
今は、この接合金物を使って、しっかりと補強をしています。
        
基礎のコンクリートと土台をつなぐ金物や、
筋交いと梁や柱を接合する金物と梁や柱を接合する金物、
柱と基礎を連結するための金物など、
使用箇所や用途によって色々な金物を使い分けています。
耐震補強用の金物もこのとき取り付けていきます。
耐震補強用の金物
これは耐震補強用の金物です。
この金物と柱で、家が地震で倒壊するのを防ぎます。
このように耐震補強などを躯体にしっかり取り付けて、
安心して住める家になっていきます。

このような部材や金物によって、家の構造部分は支えられています。

さて「躯体工事」編はこのへんで・・・
次回はいよいよ肉付け、「外装工事」編です。

□確かな信頼と実績 株式会社 鹿沼工務店

住宅 マンションなど住まいのリフォーム/リホームは何でもお任せ下さい。
注文住宅 増築 改築 キッチン トイレ 外壁 塀 門 タイル ユニットバス風呂ほか
ご質問 見積もり 価格 単価 相場など何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
耐震 介護 バリアフリー 防音 オール電化も承ります。

東京 板橋区から 関東一円 迅速丁寧な対応を心掛けております。

株式会社 鹿沼工務店  
会社TEL:03-3972-3617 / FAX:03-3530-1989
E-MAIL info@kanumakoumuten.co.jp

HOME Design Build KANUMA リフォーム 増改築 From 東京都 板橋区
【2008/08/24 21:22】 | 住宅ができるまで | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |