スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
(一社)板橋区建設関連協会は、春の板橋クリーン作戦に参加しました
恒例になっている、(一社)板橋区建設関連協会は、
春の板橋クリーン作戦に参加しました。
5月28日(土)午前10時30分より、会員24名の参加を得て、
東武東上線北口ロータリーから常盤台公園までを3班に分かれて、
清掃活動を行いました。
道行く人から「ご苦労様」とねぎらいの声をかけられて、
また清掃活動をしようと言っている会員がいました。
P1000110.jpg
P1000116.jpg
スポンサーサイト
【2016/06/04 22:09】 | 社長の環境コラム | page top↑
『環境なんでも見本市』に参加しました
2月6日と7日に板橋区立エコポリスセンターにおいて、
第15回環境なんでも美帆日が開催されました。
『一般社団法人板橋区建設関連協会』は、昨年6月に続き『環境なんでも見本市』に出展しました。


IMG_3419.jpg
IMG_3421.jpg
IMG_3426.jpg
IMG_3425.jpg
IMG_3424.jpg
2月6日と7日に板橋区立エコポリスセンターにおいて、
第15回環境なんでも美帆日が開催されました。
『一般社団法人板橋区建設関連協会』は、昨年6月に続き『環境なんでも見本市』に出展しました。


IMG_3419.jpg
IMG_3421.jpg
IMG_3426.jpg
IMG_3425.jpg
IMG_3424.jpg
【2016/02/19 09:00】 | 社長の環境コラム | page top↑
板橋区の赤塚で歴史探訪ウオーキングを開催します
当社の瀬崎よりお知らせ。
赤塚城趾やため池公園の歴史を振り返りながら、
軽くウオーキングをしようと企画しました。

歴史探訪ウォーキング チラシ-02


blogram投票ボタン


【2012/11/05 15:41】 | 社長の環境コラム | page top↑
リサイクル工場に行った
友人が非鉄金属と廃プラのリサイクル事業をしている。
今回は非鉄金属のリサイクル工場を見学させて貰った。

解体された建築物の電線材を買い付けて、
銅線は携帯電話の部品に利用するようだ。
また遠心分離器にかけて、銅とビニールを分離するのだが、
ビニールは別の用途があるので、
捨てるものはない。

DSC00022.jpg
仕入れた電線材

SDIM0022.jpg
破砕された電線が分離器に運ばれる

SDIM0018.jpg
塩ビと銅に分離される


また、アルミ、真鍮なども扱う。
工場は仕入れた廃材だらけだが、
これが立派な仕入れ商品なのだ。

DSC00025.jpg
真鍮や黄銅は主に建物で使用していた蛇口やバルブ

しかし、
リサイクルをするというのは、
決して簡単では無いことが、
工場を見学して初めて分かった。
環境問題は座学だけでは解決しないんだろう。

DSC00017.jpg

blogram投票ボタン




【2012/08/23 11:22】 | 社長の環境コラム | page top↑
NECが家庭用蓄電システム販売
いよいよ家庭用の蓄電システムがNECから販売される。
国民不在の政府の有り様を見ていると、
今後、自分で使用するエネルギーは、
自分で何とかしなければならない時代に向かうのは、
容易に想像がつく。
自分の生活を守るのは自分しかいないということだろう。

これから秋に向けて蓄電システムが、
数社から発表されると思うがNECが先鞭をつけた。
以下はNECの発表の概要である。

NECの家庭用蓄電システムは、単に夜間電力を貯めるだけではなく、系統電力や太陽光発電との効率的な連携ができ
る戸建て向けの蓄電システムです。

夜間電力を活用して電気料金を低減でき、エネルギーの使用量やCO2の削減といった環境対応を推進します。また、停電時には非常用のバックアップ電源として活用できます。

家庭と電力系統をICTでつなぎ系統全体でのエネルギーの平準化にも貢献します。
主な特徴として3点ある。
1.夜間電力の活用により、電気料金を節約
2.太陽光発電との連携で、さらに環境にやさしく節電も実現
3.非常用電源として活用できるから安心。サポートも充実


NEC蓄電システム
引用はNEC ここをクリックしてください

こういう製品がどんどん出てきて普及して安くなれば、
これからのエネルギー政策を大きく変えるきっかけになると思う。


blogram投票ボタン
【2011/07/15 08:17】 | 社長の環境コラム | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。