FC2ブログ
家庭ゴミを有料化してもゴミは減らないという事実
今回は熊本先生の講義よりゴミの有料化についてです。

皆さんは家庭ゴミを有料化することでゴミは減ると思いますか?
環境省は、1993年当時でゴミ有料化に伴いゴミの量が減った市町村は、僅かに48%だが減ったと答えた過半数以上の自治体で、ゴミの量が減った代わりに不法投棄が増えたと答えている。

93年当時は、有料化に伴い市町村の多くが補助金を付けて焼却炉を普及させたために、焼却炉効果もあったと思われる。

福岡県久留米市では、ゴミ有料化で全く減量効果がなかったために、有料化5年後に17種類の分別を開始したところ大幅な減量効果があった。

有料化で家庭ゴミが減らない理由は、有料化になっても生産物の量は変わらないために廃棄されるモノも同じだからだ。

何故有料化すると不法投棄が起きるのだろうか?
廃棄物は負の財という考え方がある。
通常の取引では、BさんがAさんからモノを購入するときに、モノはAさんからBさんに渡る。これを正の財という。
その対価がお金としてBさんからAさんに支払われる。
ゴミの有価の場合は、AさんからBさんにゴミが渡るときに、お金も一緒にAさんからBさんに渡る。これを負の財という。
負の財に於けるゴミをAさんが不法得意をすれば、処理費としてBさんに渡すお金が減ることになる。
Bさんも受け取ったゴミを不法投棄すれば、受け取った処分料金よりも安く上がることになる。
従って、負の財では不法投棄が起こることになる。

では、何故環境省及び経団連がゴミの有料化を進めようとするのか?
プラスチックを分別させられるとリサイクルまでの負担を産業界が負担しなければならないからだ。
【2009/05/26 11:45】 | 社長の環境コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リサイクルの名を借りた不法投棄
以下、私が法政大学大学院政策科学研究科の「廃棄物政策」で明治学院大学国際学部熊本教授の講義で学んだ事です。

フェロシルト事件
これは偽装リサイクルの典型である。
フェロシルトとは、石原産業が生産販売していた土壌補強材・土壌埋戻材で、酸化チタンの製造工場から排出される副産物を中和処理して生産されていた。
三重県は、2002年度から「生産物抑制に係る産官共同研究事業」としてフェロシルトの植物育成に係る研究を行っていた。

しかし研究の結果、植物の育成ではなく「抑制」作用があることを確認したにも関わらず、育成促進効果があると宣伝し、2003年には県の「リサイクル製品利用推進条例」に基づくリサイクル製品に認定までしてしまった。
ところが、2005年にはフェロシルトに環境基準を超える六価クロム、フッ素、放射性鬱し角ウランやトリウムなどが含まれていることが判明した。
その結果石原産業の幹部が逮捕される事態にまで進展した。
これは官民が共謀した、有害製品を推奨品とした「偽装リサイクル」であった。


鉄鋼スラグの環境汚染
鉄鋼スラグは、製錬工程で出る残りかすで、高度成長時代から海面埋立材としてだけではなく、路盤材やコンクリート骨材として利用されてきた。
しかし、公共工事の減少に伴い、鉄鋼スラグが供給過剰状態となり、鉄鋼メーカーは売れなくなった鉄鋼スラグを産廃処理せずに、有価物としての販売を偽装した「偽装リサイクル」横行し環境汚染をもたらす。

「偽装リサイクル」によって購入された鉄鋼スラグは、雨ざらしのまま野積みにされ、ホウ素、ヒ素、鉛などが溶出し、強アルカリ性の汚水が土壌を汚染し、周囲の植物を枯らす。
またそれが乾燥すると粉じんが舞い周辺住民の健康を害する。

溶融スラグの危険性
ガス化溶融炉や灰溶融炉は溶融スラグ化することにより、処分場が不要になるとの触れ込みで普及してきた。
溶融スラグは鉄鋼スラグと同様に、路盤材やコンクリート骨材として利用されている。
しかし、その路盤材は不安定な物質なために、土壌に浸透して主に鉛が溶け出す。

産廃がリサイクル製品になる仕組み
「グリーン購入法」は、国や自治体が環境負荷の小さい製品を優先的に買うことを義務づけることを目的として2000年に制定された。
しかしこの法律に基づく特定調達品目に、「公共工事に係る品目」として地盤改良鉄鋼スラグ、鉄鋼スラグ混入アスファルト混合物、鉄鋼スラグ混入路盤材が指定されている。

国交省や愛知県は、三河湾で鉄鋼スラグによる人工干潟造成計画の実証事業を進めている。
同様に千葉県三番瀬でも人工干潟造成実験が始まっている。
鉄鋼スラグが鉄鋼スラグ混入路盤や鉄鋼スラグアスファルト混合物などのリサイクル製品に混入されると、それらは長年の酸性雨に曝露され、
有害物質は溶け出し、長期的には環境汚染をもたらす危険性が大きいと思われる。

行政が後押しする産廃の利用
フェロシルトが三重県のリサイクル製品に指定されたる、
鉄鋼スラグが「グリーン購入法」の特定調達品目に指定される。
はたまた工干潟造成に使用されたり、溶融スラグがJIS規格化される等々。
これらの一連の動きには、行政が産廃を混入したリサイクル製品の普及を積極的に推進していることが分かる。
更に言えば、日本の循環型社会づくりは、「産廃をリサイクル製品に含めて合法的に環境中に撒き散らす仕組み」をつくったと見る事が出来る。

産廃として処分すればコストが高くつくが、リサイクル製品にして売れれば収入になる。

「グリーン購入法」が特定調達品目の「公共工事に係る品目」を次々と追加指定することにより、今や鉄鋼や建設などの基幹産業を公共工事が支える法律に肥大化してしまった。
その公共工事に係る品目」には、ダイオキシンや有害物質を高濃度に含むフライアッシュを使用した、「フライアッシュセメント」や「フライアッシュを用いた吹きつけコンクリート」まで指定されている。
フライアッシュセメントとは、火力発電所などの微粉炭ボイラーの燃焼排ガス中から回収される微細な石炭灰であるフライアッシュを混合材として用いたセメントである。
フライアッシュはヨーロッパでは放射性物質同様の厳重な管理がされている。
しかし日本ではリサイクル製品にされており、フライアッシュセメントは「グリーン購入法」の「公共工事に係る品目」に指定されている。

以上、講義ノートを整理してみたが、なんともやりきれないですね。先に書いた日本の政策の意思決定システムと同様に、国民は行政と大企業にいいようにされているのではないかとさえ勘ぐりたくなる。
公務員も大企業の社員も同じ国民のはずなのに、自分の国をこれ以上汚染してどうするんだろう?
高級官僚や大企業の社員は自分の子供に大切な地球環境を残そうという意識はないのかな~?


【2009/05/25 11:04】 | 社長の環境コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
死なない決意をして創った家
バイオスクリーブハウス
建築科の荒川修作氏の作品を「ハーバード・ビジネスレ・ビュー(ダイヤモンド社)」で知った。
この建物は荒川氏と彼の妻のマドリン・ギンズにより、ニューヨーク州のイースト・ハンプトンに建設された。
荒川・ギンズ夫妻は、「死なない決意」を表明し、死に抗する力を高めるとされる独自の建築様式を創造した。

建築とは作家の考え方を反映する芸術の側面は確かにある。
しかし、死なない決意をした建築家は今までいなかった。
「死なない決意」をした結果の住まいは、こういう事になるのか!

それは不安定で方向感覚を失わせる、危ない建物である。
中に入ってまっすぐに歩けないために、よろけないように自分自身で身体を安定させる必要がある。ギンズさんはこのような状態が免疫系を活性化させると説明している。
著作権問題があるので、是非下記のアドレスから荒川氏のホームページを見て頂きたい。まっすぐ歩けないであろう、なんとも不安定な床である。

http://www.architectural-body.com/ja/products/architecture.html

でも私はこの家には住めないな~。
【2009/05/22 11:34】 | 社長の建築コラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |