会社のトイレ改修その5
もう一息というところまで行き着いた。
トイレのドアを外しているので狭いながらも状況がよく分かる。
後は、吊り戸棚の扉を取り付けして、入口のドアを取り付けして、
トイレのロータンクを取り付けして、天井の換気扇のグリルを取り付けして、
手摺りを付けて、ペーパーホルダーを付けて完成。魚眼レンズで撮影した。
もう完成写真もアップしちゃおうっと!!
DSCF0729.jpg
女子トイレ完成間近。
DSCF0756.jpg
女子トイレ完成です。
DSCF0751.jpg
エコカラットをボーダーにしました。
DSCF0755.jpg
男子トイレ完成です。
DSCF0745.jpg
左官屋じゃなくてもこのくらい出来ます。
DSCF0748.jpg
男子トイレのエコカラットです。

今回のトイレ改修は、合間も合間で社員が完成させました。
脱臭と調湿効果が大きい漆喰とエコカラットで仕上げました。
洋風大便器は、TOTOの一番安い便器ですが、水量が少なくて音が静かです。
タンクレスの高級品よりある部分では、優れていると思います。

blogram投票ボタン

【2013/10/08 01:56】 | リフォーム施工事例 | page top↑
寺社仏閣の五本線
同級生と京都にいったときに同志社大学に学んだT君から教えて貰った。
京都の寺社仏閣の擁壁には殆どと言ってよいほど「線」が入っている。
5本線が格式としては最高で本数が少なくなるにつれて格式が下がるらしい。
お寺さんで言うと大本山とか総本山が5本線で末寺になると線が少なくなる。
京都御所の擁壁にも5本線がある。
それ以降仲間内では、寺社仏閣の前を通ると線があると何本かを確認するのがはやっている。
京都以外でも見つけた五本線。板橋の蓮根にあるお寺さん。
京都ではなく地元の板橋で見つけたので感激!!

五本線のお寺

blogram投票ボタン
【2013/10/05 21:20】 | 社長の建築コラム | page top↑
自由学園明日館に行った
先週日曜日に自由学園明日館に行った。
ご存じの方も多いと思うが、
この建物は帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトが設計をしたものだ。
藤森輝信氏は、「大草原様式」といっている。
池袋にほど近いロケーションにあるが、
明日館が見えてくるとそのとたんに都会の喧噪がウソの様に空気感が変わる。
ライトの建築は、太陽の光が降り注ぐなかで光と陰の陰影感を見事に演出する。
前庭と建物のバランスが絶妙だ。

L1000055.jpg

L1000057_1.jpg

L1000059.jpg

L1000064_1.jpg

blogram投票ボタン
【2013/10/05 21:06】 | 社長の建築コラム | page top↑
会社のトイレ改修その4
7月末以来忙しくて一向に進まなかった会社のトイレ工事だが、
10月5日に約2ヶ月経ってからようやく壁塗りを開始した。
トイレのタンクを外して、天井埋込扇のグリルを外して、
養生をして、トイレを使いながらの工事中だったのでこんな状況になってしまった。
下塗りだけで丸1日かかってしまった。
今日の完成は無理だな~。
男子トイレは、技術職の横山が、女子トイレは事務の石山が壁を塗っている。
使用材料は漆喰だ。
DSCF0716.jpg
男子トイレ工事中
DSCF0719.jpg

DSCF0717.jpg
女子トイレ工事中

DSCF0721.jpg
DSCF0723.jpg
使用材料

blogram投票ボタン

【2013/10/05 19:17】 | リフォーム施工事例 | page top↑
| ホーム |